町田市で活動する幼稚園児から小学生が所属する野球チームです。




町田玉川学園少年野球クラブ (通称:町玉)は2014年に40周年を迎えました

プロフィール

町田玉川は2015年現在、幼稚園生から中学生まで【6年チーム・5年チーム・4年チーム・3年以下チーム)50名近い選手とコーチ・保護者で活動しているチームです。

練習日;毎週土曜日(8時30分~12時頃まで)
    毎週日曜日・祝日(8時30分~16時頃まで)
12月のグランド清掃(12月20日前後)から新年度(新チーム)の第1日目が始まります。

※体験入会が出来ます。
(但し、体験入会の間はスポーツ保険に入っていませんのでご了承下さい。)


町田玉川の歴史

1973年(昭和49年)「野球をやりたい」わずか2名の小学3年生の存在によって「町田玉川少年野球クラブ」は誕生しました。以来、野球以外の指導も大切にし、数々の戦歴を残しー町玉ーとして親しまれてきました。


これからの町田玉川──その目指すところ

野球をやりたい子ども達のために、町田玉川はどうあるべきだろうか。40周年を契機に、球団の柱となる理念や指導方針をもう一度再確認して、新しい表現としました。また長年不変だったユニフォームも、その決意の証として、2014年春より一新しました。新監督をリーダーに、伝統の三位一体(選手・指導者・保護者の連携)を活かしながら、少しでも多くの子供たちが野球を楽しみ、野球を通して成長できるような環境を整えていきます。


地域への感謝を忘れずに・・・。

日頃の感謝の気持ちをこめて、校内(グランド)と校外の清掃を実施しています。




球団代表
菊池 拓平



Top Page